発展したネイルアート

発展したネイルアート

今ではごく自然なお洒落の手段になったネイルアートは、歴史的を遡りますと古代エジプト時代まで辿れるようです。

 

人類は紀元前の数千年も昔から髪の毛や爪を植物性の色素などを利用して染めていたそうですから髪に並んで爪の美しさも競っていたようですから驚かされます。

 

確かに女性の美しさは顔やスタイルに加えて細長くすんなりした指先に惹かれる男性が多いのも事実です。

 

 

 

古代の時代から指には宝石などの指輪をはめて飾ったりするぐらいですから、当然のこととして爪の美しさは大切なチャームポイントでしょう。

 

日本では長い間「髪は黒髪」で「爪は清潔」が身だしなみやお洒落のポイントでしたが、世界を見ますと髪や爪をカラフルに染めることは古くから行われていたようですが、現代社会では若い女性たちから始まって髪をから始まって染めたり爪にもカラフルな装飾を施すことが流行するようになりました。

 

 

 

ネイルアートは、このような人々の要望が急速に発展して新しい「爪のアート」として認知されるようになったものです。

 

ネイリスト呼ばれる専門家も数多く現れてネイルサロンや美容院などでも行われています。

 

また、ネイリストを要請する専門学校も出来てネイリスト先進国であるフランスやアメリカで勉強した方や独自のネイルアートを構築した方などが指導にあたっています。

 

 

 

爪のお洒落は昔から手の指を磨いたり色をつけるマニキュアや、足の指にも行なうペディキュアは有りましたが、ネイルアートはこれらを更に発展させて様々な模様をつけたりビーズや宝飾品を使って装飾をしたりする一種の芸術になっています。

 

最近のネイルアートは、「エアブラシ」や「ジェルネイル」「3d=立体アート」などの新しい技術が導入されています。